食用油を正しく知って
賢く健康生活しましょう!
食用油の情報が盛り沢山!!
揚げ物のコツ@


 揚げ油の適温

 上手に揚げ物をする第一歩はなんといっても揚げ物に適した油の温度を知ることです。これを間違えてしまうと表面だけカリカリで中が生だったり、油でギトギトの揚げ物になってしまいます。最適な揚げ温度は以下の表を参考にして下さい。
(揚げ温度の幅は材料の種類や好みによるものです)

料理 温度
野菜の天ぷら 160〜180℃
魚介の天ぷら 180〜185℃
かき揚げ 180〜185℃
コロッケ 170〜180℃
とんかつ 160〜185℃
ドーナツ 160〜170℃
魚のフリッター 160〜170℃
冷凍食品 190〜200℃


 揚げ油の温度を知る目安

 油の温度を温度計で測るのが一番ですが温度計のない家庭がほとんどです。温度計付きの揚げ物鍋などもありますが、ここでは簡単に温度を知る方法をご紹介します。

@ 水溶きした衣を油の中に一滴落としてみる方法
 ○ 沈んだままなかなか浮いてこない→140℃以下
 ○ 鍋の底まで一旦沈んで浮き上がる→150〜160℃
 ○ 途中まで沈んで浮き上がる→170〜180℃
 ○ すぐ浮かんでくる→190〜200℃

A 水で濡らした割り箸の先を油の中に入れ、箸の先から出る泡の出方を見る方法
 ○ 細かい泡が静かに出る→150℃以下
 ○ 泡が勢いよく出る→170〜180℃
 ○ 泡が勢いよく出て音をたてる→190℃以上


 

  食用油の役割

  炒め物のコツ

  揚げ物のコツA

  油は何回使える?

  いたんだ油の見分け方

  食用油の保存法

  油とビタミンの関係

  酸化に強い油を選ぼう

  トップページへ


Copyright(c)2005. e食用油ガイド All rights reserved
e食用油ガイドはリンクフリーです