食用油を正しく知って
賢く健康生活しましょう!
食用油の情報が盛り沢山!!
ベニバナ油(サフラワー油)


 ベニバナ油は紅花の種子を搾って作る油で、日本でも馴染みのある油です。紅花は英語でサフラワーというのでサフラワー油とも呼ばれます。紅花は山形県の花として知られていますが、日本国内で油の原料はほとんど取れず、アメリカなどから原料としてほとんどを輸入しています。

 紅花の種子には油が45%ほど含まれていますが、原料となる紅花種子にはオレイン酸を豊富に含むものとリノール酸を多く含むものの2種類があり、特徴のある脂肪酸を含む油として分ける事ができます。どちらも風味は軽く、オレイン酸タイプは熱に強いのでフライや炒め物、リノール酸タイプは生食や炒め物に適しています。

 

  サフラワー油の関連商品はこちらをご覧下さい

  食用油の役割

  炒め物のコツ

  揚げ物のコツ@

  揚げ物のコツA

  油は何回使える?

  いたんだ油の見分け方

  食用油の保存法

  油とビタミンの関係

  酸化に強い油を選ぼう

  トップページへ


Copyright(c)2005. e食用油ガイド All rights reserved
e食用油ガイドはリンクフリーです