食用油を正しく知って
賢く健康生活しましょう!
食用油の情報が盛り沢山!!
エゴマ油(シソ油)


 エゴマ油(シソ油)はシソ科のシソ、または同じ仲間のエゴマの実から搾られる油です。市販されているものは大抵エゴマの実から作られています。エゴマは別名ジュウネンと呼ばれる東南アジア原産のシソ科の一年草で、通常の「ごま」と呼ばれる植物とは全く違うものです。

 エゴマ油(シソ油)は豊かな風味や芳香を持ち、必須脂肪酸(体内で合成することができず、食品からの摂取が必要な脂肪酸)であるα-リノレン酸を豊富に含んでいます。α-リノレン酸は体内で代謝されてn-3系多価不飽和脂肪酸グループのEPA、DHAになることが特徴です。

 現在、「動物性脂肪」「リノール酸主体の植物性油」に次ぐ、“第3の油”として注目されています。熱に弱く、酸化されやすい性質をもつ油なので、ドレッシングや料理の仕上げなどに向いています。

 

  えごま油の関連商品はこちらをご覧下さい

  食用油の役割

  炒め物のコツ

  揚げ物のコツ@

  揚げ物のコツA

  油は何回使える?

  いたんだ油の見分け方

  食用油の保存法

  油とビタミンの関係

  酸化に強い油を選ぼう

  トップページへ


Copyright(c)2005. e食用油ガイド All rights reserved
e食用油ガイドはリンクフリーです