食用油を正しく知って
賢く健康生活しましょう!
食用油の情報が盛り沢山!!
パーム油


 パーム油は熱帯地方に生育する多年生潅木のパームやしになる親指サイズの果実から取り出した油です。果実には果肉といわれるフルーツの部分と、核と言われる種の部分がありますが、いずれも油の原料として使われます。

 果肉には50%近く油が含まれており、パーム農園近くの工場ですぐに圧搾して油を製造します。これはすぐに採油しないと酸化しやすいためです。パーム油は主にマレーシアやインドネシアなどの東南アジアで製造されています。

 パーム油にはオレイン酸とパルミチン酸が多く含まれています。パーム油は常温で固体であるためサラダ油には使えませんが、熱安定性が良いので業務用のフライ油やショートニングの原料として使われています。

 

  パーム油の関連商品はこちらをご覧下さい

  食用油の役割

  炒め物のコツ

  揚げ物のコツ@

  揚げ物のコツA

  油は何回使える?

  いたんだ油の見分け方

  食用油の保存法

  油とビタミンの関係

  酸化に強い油を選ぼう

  トップページへ


Copyright(c)2005. e食用油ガイド All rights reserved
e食用油ガイドはリンクフリーです